光脱毛とレーザー脱毛の違い。各メリットとデメリットとは

「脱毛したい」と思う理由は様々です。脚や背中、脇などのムダ毛を綺麗に処理したい方もいれば、鼻下やあごにかけて永久脱毛したい方もいらっしゃいます。また自分で処理していたけど肌荒れが起きてしまったので、美肌を保ちつつ脱毛したいケースもあります。

一般的に脱毛ケアを取り扱っているのは、脱毛サロンとクリニックです。
医療脱毛を行っているクリニックでは、1回あたりの料金がけっこう高い印象を受けると思います。
それと比較すれば脱毛サロンはかなり安価ですが、果たして本当に効果があるのか疑問に感じるかもしれません。

脱毛サロンとクリニックでは施術の方法が異なっていて、それぞれにメリットとデメリットがあります。
どんな部位を、どんな状態で脱毛したいのかによって賢く選んで利用したいものです。

 

光脱毛に使われるマシンについて

まず脱毛サロンでの脱毛法です。ほとんどのサロンでは、美肌成分を配合したジェルを使ってスキンケアしてくれます。

そしてマシンを使って脱毛処置を施しますが、よく使われているのはIPL(インテンスパルスライト)と呼ばれる方式の脱毛法です。

これは脱毛したい部位に光を照射して、発毛の原因となっている毛母細胞を壊すシステムです。当てられた光はメラニン色素に反応するので、黒色の毛根へ効果的にダメージを与えます。

サロンによっては新開発の脱毛マシンを取り入れている場合もあります。光を当てると肌に塗布した専用ジェルが肌奥にまで浸透し、毛の発育を妨げる効果を与えます。

専用の特殊なジェルを使う方式はSSC(スムーススキンコントロール)と呼ばれています。sscはメラニン色素に関係なく有効なので、日焼け肌などでも変わらない効果が期待できます。

 

レーザー脱毛と光脱毛の決定的な違いとは?

クリニックで行われる医療脱毛では、レーザー脱毛が主流です。
サロンで使われる光脱毛のマシンと比較すると、レーザー脱毛で使う機器は大掛かりですが、原理としては光脱毛のIPLと同じようなシステムです。

両者の違いは結局のところ、「光とレーザーの波長の違い」です。
光脱毛で照射する光は幅の広い波長を持っていますが、レーザー脱毛に使われる光線はごく限られた波長を持っています。

波長が限定されていると、そのぶん指向性が強くなります。簡単に言えばレーザーのほうが真っすぐに進み、毛母細胞により強いダメージを与えることになります。

 

光脱毛とレーザー脱毛、両者に存在するメリットとデメリット

脱毛に必要なのは、毛母細胞から毛が生育するのをブロックすることです。
毛母細胞にダメージを与えることに関しては、間違いなくレーザー脱毛の方が強力です。

細胞に与えるダメージとは熱量のことで、イメージとしては熱で細胞を焼いて破壊することになります。
死滅した毛母細胞は再生しませんから、クリニックに通院してレーザー脱毛を受ければ永久脱毛が期待できます。

しかし、強力なレーザー熱は毛母細胞だけでなく、処理する部位の周辺にもある程度のダメージを与えます。
クリニックではレーザー照射と同時に冷却装置も併用しているので、最近の機器なら肌荒れなどのリスクは少ないです。

一方で、サロンの光脱毛はより肌に優しいのが特徴です。特にSSCを採用したマシンは、光照射の熱だけでなくジェルの成分で発毛を妨げるので更に安全度が高いです。ただし毛母細胞を壊すパワーはさほど高くないため、永久脱毛は期待できません。

脱毛サロンでの処置は1シーズン単位で考えるべきです。
価格面ではクリニックでの脱毛が最低でも数万円なのに対し、脱毛サロンのほうが遥かに安いのがメリットです。
短期間で綺麗な肌を求めたい場合ならサロン長期的な効果を求めるならクリニックでの脱毛を選ぶのがセオリーだと言えます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ