産毛の脱毛に高い効果を発揮するハイパースキン脱毛について

ハイパースキン脱毛
脱毛サロンで行われている脱毛は、使用されている脱毛機器によっていくつかの方法に分けられます。
そのうち、ハイパースキン脱毛と呼ばれているものが、従来の脱毛サロンの施術では不得手とされてきた産毛の脱毛に高い効果を発揮するとされており、昨今高い人気を集めています。

脱毛サロンで受けられる光脱毛は、メラニン色素の黒い色に反応する特殊な光を肌に当てることで毛根や毛母細胞に熱ダメージを加えることができ、照射を繰り返すことで少しずつムダ毛が生えてくる力を奪っていきます。

施術回数を重ねて徐々に再生するムダ毛の量を減らしていき、最終的に施術した部位の全ての毛を処理するのが目的です。
人間の体毛はヘアサイクルと呼ばれる周期によって、新しく毛が生えてきたり、成長をしたり、成長をしきって抜けていくのを待つだけの段階に分けることができます。
この中で、従来の光脱毛で効果を得られたのは伸び続けている成長期にあるムダ毛のみでした。

休止期や退行期にあるムダ毛には効果がなく、そのため2ヶ月から3ヶ月の間を置いて施術範囲の毛が成長期に入る段階で満遍なく照射できるように調整が必要だったのです。
成長途中にあるムダ毛に熱を加え、それ以上の成長を妨げて抜けやすくし、再生力を奪うことで脱毛をしていきました。

ですが、ハイパースキン脱毛はこうした光脱毛とは異なり、今生えている成長期のムダ毛には作用せず、休止期にあるこれから生えてくるムダ毛にアプローチしていく新しい脱毛方法です。

ハイパースキン脱毛で照射を行うことで、休止状態になっているムダ毛の発毛因子を刺激し、この先細胞分裂が行われてムダ毛を生えさせる過程を抑制していくことができます。

メラニン色素に反応する脱毛方法とは異なるため、毛の色が黒くなくても反応させることができるというメリットがあり、そのためこの施術方法は細くて色が薄い産毛にも高い効果が期待できるとされているのです。

 

痛みが少なくリスクの少ないハイパースキン脱毛

痛みが少ない女性
ハイパースキン脱毛では熱ダメージを与える高熱を発しないことから、光脱毛でデメリットとされている弾かれたような痛みを感じにくいという大きなメリットあります。

Vラインやワキなど、部位によっては痛みに敏感なところがありますし、ストレスを感じながら施術を続けなければなりませんが、高熱でムダ毛を焼く必要がないハイパースキン脱毛は、照射によって発する熱がぬるま湯程度の低温です。

そのため、痛みに弱い人でも安心して施術を受けることができます。

こうした点からも神経が集まっており、なおかつ産毛が最も気になるとされているフェイス脱毛にも向いているのです。
火傷のリスクがないために安心して顔の施術を受けられますし、ホクロやシミ、ニキビ跡などのメラニン色素が付着している部分も気にせずに施術ができます。

さらに嬉しいことに、脱毛だけではなく高い美肌効果が得られることでも知られている脱毛方法です。
照射する光にはコラーゲン生成を手助けするという副次的な作用が期待でき、施術を続けていきながら産毛を減らすだけではなく、肌の状態を向上させることができます。

ただし、従来の光脱毛と同様に一度の施術で効果が出るものではなく、回数を重ねていくことで少しずつ毛の量を減らせる脱毛方法です。
他の脱毛方法と異なり1ヶ月に1回程度と早いペースで施術を受けることができますので、期間として考えれば比較的早く脱毛の成果を実感することができます。

個人差はありますが、12回程度の施術で8割のムダ毛が処理できるとされていますので、1年半ほどで完了できる計算です。

痛みが少なく産毛も効率よく処理ができますので、刺激に弱く忙しくてなかなか脱毛サロンに通い続けられないというかたでも効率よく脱毛をしていくことができます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ