脱毛の施術時間は何分程度になるのか

zikanjyoshi
脱毛の施術を検討すると、時間が気になる事もあります。特に普段から忙しい方々は、その傾向が顕著です。
もちろんお店で施術を受けるなら、ある程度は時間を割く必要があるのです。

フラッシュなどの光で施術を受けるにしても、それなりに時間を要するのは間違いありません。それで忙しい方々としては、時間が気になってしまう事があるでしょう。

あまり時間が長くなってしまうと、様々な支障が生じてしまう事もあるので、施術時間が気になるのも当然です。では具体的に脱毛の施術は何分程度かかるか?

それは、パーツに左右されると考えて良いでしょう。またお店次第でもあります。

 

各脱毛部位における施術時間

例えば顔に対する施術を受けるなら、おおむね45分目安になるのです。それに対して下半身全体に対する施術を受けるのでしたら、大体60分目安になります。

そうかと思えばデリケートゾーンに対する施術は、おおむね30分前後になるのです。また両脇に対する脱毛ならば、数分前後で完了する傾向があります。

ご覧の通り、各パーツによってかなり所要時間が異なることが分かります。ですから時間が何分ほど必要かどうかは、希望パーツ次第と言えるでしょう。

脇の下に対する施術でしたら、それほど多くの時間を要しません。逆に全身コースなどは、それなりに料金を要することにはなります。

それで上記のパーツを見る限りでは、面積との相関関係が読み取れるのです。基本的には、面積が広くなるにつれて、脱毛の料金も高くなってきます。

上記の各パーツの中では、脇の下が一番面積が狭いでしょう。そういう箇所に対する施術の時間が短くなるのは、ある意味当然です。面積が小さい訳ですから、そこまで多くの時間をかける必要もありません。

逆に下半身全体というパーツでしたら、それなりに面積も広くなりますから、所要時間も長くなる訳です。ですから脱毛の施術が何分程度になるかは、面積次第とも言えます。

他にも時間に関わる要素があります。サロンの技術などにも左右されるのです。

例えばサロンAの場合は、下半身全体に対する施術は、上述の60分程度だとします。それに対してサロンBの場合は、約40分程度といった具合です。このような差が生じるのは、サロンが採用しているマシンなどに利用があります。

サロンによっては、かなり広い範囲に対して光を照射できるマシンを採用している事もあります。またサロンのスタッフの技術レベルが高ければ、短時間で施術を完了できる訳です。ですから所要時間が何分程度になるかは、サロン次第でもあります。

 

クリニックや脱毛法によっても施術時間は変わる

脱毛の施術を受けるのは、何もサロンだけではありません。
クリニックで脱毛を受けるという選択肢もあるでしょう。

クリニックの場合は、もう少し短い時間で完了する事もあります。ただ、それもクリニック次第なのです。そもそもクリニックも、採用しているマシンはそれぞれ異なります。

広い範囲に対してレーザーの光を照射できるマシンを採用しているクリニックもあれば、その逆もあります。どのようなマシンを採用しているかにより、所要時間は異なってくるのです。

またクリニックによっては、電気針などの方式を採用している事もあります。いわゆるニードル脱毛と表現される事も多いですが、それは若干時間を要するのです。

ニードル方式は、1つ1つの体毛に対して確実にダメージを与えていくやり方になります。電気が流れる針を体毛の根元に差し込んで、確実にダメージを与える方法なのです。それで1つ1つに対してダメージを与えるのですから、必然的に時間はかかります。少なくとも上記のフラッシュと比べれば、そこそこ時間をかける事になるでしょう。

このように脱毛の施術は、実に多彩な状況があります。
どういう状況で施術を行うかにより、所要時間も変わってくるのです。

脱毛サロンや医療クリニックによって、各部位の施術にかかる所要時間は変わってくるので、無料カウンセリングなどでスタッフに質問して把握することも大切です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ