脱毛サロンで痛みや恥ずかしさが心配なあなたへ

世の中の多くの女性が一度は脱毛サロンで施術を受けることを考えるとされていますが、実際に脱毛サロンに通う方はその半分程度だと言われています。

これは脱毛サロンで施術を受ける事に対して、痛み恥ずかしさなどを心配される方が多いことがその理由になります。

一般的に脱毛サロンで施術を受ける事は痛みを感じるとされていますし、羞恥心の強い方は脱毛箇所によっては耐え難いほどの恥ずかしさを感じるのではないかというイメージがあります。

しかし、基本的にはその様な心配はいらないと言えます。
もちろん個人差と言う物がありますので痛みを感じる事もありますし恥ずかしさを感じるケースもあります。

ただ多くの脱毛サロンではその問題を最小限に抑える工夫がされていて、一昔前と比べて痛みや恥ずかしさなどの問題は小さな物になっています。

 

痛みが心配な方へ。最近の脱毛サロン痛み事情

まず痛みに関してですが、これは基本的に脱毛サロンで使っている機器の出力がポイントになっています。

一般的に痛みが強いとされているのはクリニックで使われている医療用の機器になり、両者が混同されている事が脱毛サロンでの施術は痛いと言うイメージに繋がっています。

実際には脱毛サロンで使用している機器は出力がクリニックに比べて低くなっていて、低出力な分、痛みも感じにくくなっています。

また施術の範囲や毛量などによって変化はありますが、通常は一回の施術で何時間も痛みを感じる事はないとされています。

したがって、極端に痛みに弱い人や重度の日焼けをしているのでもない限りは、小さな痛みを短時間だけ感じるようになっていて、これが脱毛サロンでの施術は比較的痛くないという根拠になっています。

また、最近の脱毛サロンではリラックス効果も利用される傾向が見られます。

例えば待合スペースなどではリラクゼーション効果のあるBGMが流されていたりしますし、施術室ではアロマキャンドルなどでリラックスできるような工夫がされています。

これは緊張状態を解除する目的があり、人間は緊張状態にあると体に余計な力が入ってしまい刺激に敏感になってしまいます。

そうなると通常は感じないような痛みでも増幅されて伝わってしまう事がありますので、施術中に痛みを感じやすくなります。

なのでリラクゼーション効果を利用して緊張を解す事は痛みの軽減に繋がり、その結果として脱毛サロンでの施術は痛みが少ないと言う感想が多くなります。

 

思ったほど恥ずかさが無い。脱毛サロンの工夫

そして脱毛サロンで感じる恥ずかしさについてですが、こちらは部位によって対応が変わってきます。

まず、最も脱毛が多いとされている腕や脚に関して言えば特別な処置はされていません。

この部位は普段から露出する事が多いので恥ずかしさを感じるケースも少ないので、特別な対応がとられる事はほとんどありません。

しかし、普段は隠されている部分の場合は、できる限り恥ずかしさを感じないようにする工夫がされています。

例えば胸から脇にかけて施術する場合には、上半身は裸になりますが胸にはタオルがかけられています。

また基本的に片側ずつ処理を行いますので、両胸がいっぺんに見られてしまう可能性はほとんど無いと言えます。

次にVIOラインなどの施術の場合ですが、こちらも実際に施術を受ける時以外はタオルなどがかけられていますし、可能な限り短時間で施術を終わらせるようになっています。

なので脱毛サロンで恥ずかしさを感じるケースは非常に少なくなっていて、施術をする女性なので同性同士だから分かる細やかなケアなども行われています。

なお本人が希望すればそれに沿った形での施術が行われる事がありますので、どうしても恥かしいと感じる場合にはそれをスタッフなどに相談する事も良い選択になるとされています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ