脱毛サロンと医療脱毛で利用される脱毛機器の種類

数多くの脱毛サロンや医療脱毛がある中、実際すべて同じ脱毛機器を利用しているという事ではありません。

脱毛器の中には、国内生産されているものから海外生産のものまであり、各脱毛サロンや医療機関によって、利用されている脱毛機器は異なっています。

ここでは、脱毛サロンと医療脱毛で利用される脱毛機器の種類について詳しく解説していきます。

 

脱毛サロンで利用されている脱毛機器について

まず、脱毛サロンでは、「IPL脱毛器」「S.S.C脱毛器」「ルネッサンス脱毛器」という光脱毛の機械が利用されています。

「IPL脱毛器」は、医療レーザーによく似た機械となっているのですが、その出力に関しては、医療機関のものよりも低くなっています。

これは、脱毛サロンの場合、使用する事ができる出力の高さに制限が設けられている為です。

メラニン色素に反応し脱毛を行っていく「IPL脱毛器」。毛根そのものに影響を与え脱毛を進めていく事ができる機械となっています。

その上で痛みを感じる事は少なく、一度に広範囲への利用が可能となっている為、時間をかけることなく脱毛を進めていく事ができる機械になっています。

次に「S.S.C脱毛器」の場合、ジェルを利用し、ジェルの上から光をあて脱毛を行うものになっています。その為、直接肌に大きなダメージを与える心配はありません。

また、脱毛サロンの中には、美容効果の高いジェルを使用するところも多く、その結果、美肌効果も同時に得る事ができる、そんな脱毛器となっています。

そして、「ルネッサンス脱毛器」。このルネッサンス脱毛器は、国産の脱毛器となっています。その為、日本人の肌に合った脱毛器になっていると言われ、連続で光をあてる事ができるため、時短で脱毛を行う事が可能になっています。

そして、何よりも国内生産でメンテナンスも国内と言う安心感が高い脱毛器になっています。

 

医療脱毛で利用されている脱毛機器について

まず、医療脱毛では、「ダイオードレーザー」「アレキサンドライトレーザー」「ロングパルスヤグレーザー」という脱毛器が利用されています。

「ダイオードレーザー」の場合、医療脱毛で最も気にする人が多い痛みを軽減させる事ができる脱毛器となっており、産毛まで脱毛が可能な脱毛器となっています。

次に「アレキサンドライトレーザー」。この場合、「ダイオードレーザー」に比べ、痛みを感じる事が多いと言われている脱毛器となります。

ただし、この「アレキサンドライトレーザー」の場合、焼却装置が付いている事から、脱毛の際にジェルを使用する必要はありません。その分、時短で脱毛を行う事が可能な脱毛器になっています。

そして、最後が「ロングパルスヤグレーザー」です。
この脱毛器の場合、肌の色を考えずに行う事ができるため、特に男性にお勧めの脱毛器となっています。

その上、肌の奥深くまで浸透させる事ができると言う事から男性のひげ脱毛に多く使用されている脱毛器となります。

このような事から、「ロングパルスヤグレーザー」の場合、色黒の人やひげ脱毛を希望するような人に特にお勧めの脱毛器となっています。

 

脱毛機器の種類【まとめ】

以上がサロン脱毛や医療脱毛で利用されている脱毛器の種類となります。

各脱毛サロンや医療機関のホームページを確認すれば、どのような脱毛器を利用しているか確認する事が可能です。その為、脱毛器の種類が気になる場合は、ホームページなどで確認すると良いかと思います。

その他、脱毛サロンや医療機関によっては、いくつかの脱毛器を置いているところも少なくありません。その為、希望の脱毛器があった場合、カウンセリングの際にその旨を伝えておくと良いかと思います。

必ずしも、その脱毛器が肌にあったものとは言えず、利用する事ができると言うわけではありませんが、希望に沿った脱毛を進めてもらうことも可能になるかと思います。

京都の脱毛サロン情報はこちら⇒ 全身脱毛京都ランキング | 京都で人気のおすすめ脱毛サロン

サブコンテンツ

このページの先頭へ