脱毛効果を上げるための施術前後の注意点

脱毛サロンで施術を受けている間は、効果を半減させてしまわないためにも、施術前後で注意しなければいけないことがいくつかあります。

サロンが取り入れている脱毛方法によって異なる点はありますが、どの脱毛サロンも施術の前に準備をしなければいけません。

できる限り脱毛効果を上げるために、以下の注意点をチェックしましょう。

 

 事前のシェービング

それは、脱毛箇所のシェービングを事前に行っておくことです。

多くのサロンは、毛根に直接刺激を与えて毛の成長を止めています。そのため、肌の表面に長いムダ毛があっては、しっかりと毛根に刺激を与えることができず、脱毛の効果が半減してしまいます。

最初のカウンセリングでも説明されることですが、サロンの施術の予約の前日には、しっかりと脱毛箇所のシェービング処理を行っておきましょう。

有料でシェービングサービスを行っているところもありますが、大抵のサロンは事前準備としてシェービングが必須になります。

うっかり忘れてしまったり、剃り残しが多いと、その回の施術を断られる場合もあるので、注意が必要です。

 

 日焼けは厳禁

脱毛サロンの施術には、日焼けは厳禁です。
脱毛箇所を日焼けから守るために、紫外線ケアは、サロンに通っている間は念入りに行う必要があります。

レーザー脱毛でも光脱毛でも、毛根の黒い色に反応して刺激を与えるしくみになっているので、肌の表面が黒く日焼けしていると、肝心の毛根に刺激が当たらず、効果が半減してしまいます。

それだけでなく、肌の表面に刺激が与えられる事となり、肌ダメージややけどの恐れも出てきます。

そのため、脱毛箇所に日焼けがあると、その場所を外して施術が行われたり、場合によってはその回は断られるということもあります。

夏場などの紫外線の強い季節はもちろんですが、脱毛サロンに通っている間は、年中紫外線ケアを行う必要があります。

顔は念入りに紫外線ケアをしていても、ついうっかり手足のケアは忘れてしまう、という人は多いので、全身脱毛に通っている人は特に注意が必要です。

脱毛の効果を落とさず、肌をダメージやトラブルから守るためにも、紫外線ケアはしっかりと行いましょう。

 

 激しい運動や入浴を避ける

脱毛サロンでの施術を無事終えた後も、注意しなければいけないことがあります。
それは、その後に激しい運動や入浴を避ける、ということです。

サロンの施術は、光脱毛でもレーザー脱毛でも毛根に刺激を与えることによって脱毛を行います。

そのため施術を受けた後というのは毛根や肌内部に刺激や熱を受けた状態であるので、さらに刺激や熱を与えることは避けなければいけません。

施術の前や後に冷たいジェルを塗って肌をクールダウンさせるのはそのためです。

これを守れず、うっかりと肌に熱や刺激を与えてしまうと、肌に大きなダメージを与えることになったり、肌トラブルを招く原因ともなるので、注意しましょう。

入浴や運動以外でも、飲酒などの血行が良くなり体が温まる行為も極力避ける必要があります。

脱毛の効果を損なうことなく、肌トラブルを防ぐためにも、施術の後は肌に余計な刺激を与えることはやめましょう。

 

 メイクや制汗スプレーを避ける

脱毛の施術を受ける箇所に制汗スプレーを使用していたり、メイクをしている場合も注意が必要です。
脱毛の方法によっても異なりますが、事前にサロンにしっかりと確認しておきましょう。

うっかりしてしまうと、施術の時間にメイクを落としたり、制汗スプレーを拭き取ったりといった時間が必要になってしまうので、施術にかけられる時間が短縮されてしまう恐れがあります。

脱毛サロンに行く日は、ノーメイク制汗スプレーなど肌に塗布するものを使用しない、こういった事前の心がけてが必要です。

 

 まとめ

脱毛の施術の効果をきちんと受けるためにも、サロンに必要事項をしっかりと確認しておき、1回1回の施術を無駄にしないことが大切です。

特に全身脱毛の施術を受ける場合は一度の施術でたくさんの箇所を行うため、事前の確認と準備が重要になります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ