おすすめVIO脱毛のメリット・デメリット。回数や形まで

VIOは女性に人気のある脱毛ですが、チャレンジしてみたいと思う反面、不安や気になることも多いものです。

VIO脱毛は一体どのような脱毛なのでしょうか?脱毛することのメリットや、どのようなデザインが好まれているのでしょうか。

 いま流行りのVIO脱毛とは?

VIO脱毛は大きく分けてフロント部分のVと、股下のIお尻周りのOの3箇所に分かれています。

サロンによってはV自体もいくつかのパーツに分かれていますので、毛深くて広範囲に生えている場合にはV脱毛の料金は高くなってしまいます。

この全ての脱毛をして全く毛がない状態にするのがハイジニーナと言われていて、海外セレブにも人気はありますが、日本人の女性にはそれほどまだ浸透はしていません。

IOラインは全て脱毛してしまっても良いですが、Vラインは温泉に行くことやパートナーの反応も気になりますので慎重にならなくてはいけません。

脱毛をする時には、サロンにもよりますが紙のショーツを着けるのが一般的です。その下着を照射する部位に合わせてずらしながら行いますので、恥ずかしさも軽減されます。

サロンにもよりますが粘膜ぎりぎりまで照射できる場合、黒ずみが多いと断られてしまう場合もありますので、最初に確認しておくと良いですね。

 

VIO脱毛のメリット・デメリット


VIO脱毛のメリット

VIO脱毛のメリットは、アンダーヘアがなくなることで清潔感がアップするということです。
生理中のムレに悩まされたことのある女性なら、よくお分かりでしょう。

衛生的になりますし、下着からアンダーヘアがはみ出る心配もしなくて済みます。
自分の好きな下着を思うように選べることや、ちょっとセクシーな下着にチャレンジすることもできますね。

デリケートゾーンというのは肌も敏感ですので自己処理だと肌荒れも起こりやすいです。
脱毛をしてしまえばその手間がなくなるので、面倒な自己処理から解放されます。

VIO脱毛のデメリット

いいことばかりのようですが、VIO脱毛にはデメリットもあります。

これまで肌を守ってきたアンダーヘアがなくなると下着との摩擦で炎症が起こることもあります。

また黒ずみができてしまうこともあります。すでにVIOラインが黒ずんでいるという人の場合、アンダーヘアがなくなったことで余計に目立つことも考えられます。

肌がデリケートな部位でもありますので、大丈夫かどうかの確認のためにも一度剃ってみてから考えるのも良いですね。

 

VIO脱毛はどれくらいの回数で完了するの?

VIOラインのうちVラインは毛が太く濃いです。
IOラインは余程毛深いということがないなら、Vラインより早くに効果も感じられます。

Vラインで毛が薄くなったと感じられて通っている効果が実感できるのは6回、ツルツルの状態にしたいなら12回程度通った頃です。
2ヶ月に1回のペースでも1年通えばかなり成果が現れてきます。

本当につるつるの状態にしたいのなら最初から無制限で通えるコースを選んでおくとオトクです。
1度脱毛が完了しても半年ほどほっておくと、細くて産毛のような毛がちらほら生えてくることがあります。

無制限のコースなら気になった時だけ通えます。
そこまで気にならないのなら生えてきた時に剃ってもいいですし、払いきりのサロンで1回ずつ施術するというのも良いですね。

 

Vラインの形はデザインから考える


Vラインの脱毛は全てをつるつるにするというよりも、今生えているスペースを小さくする、密集して毛深い毛を減らすという形の選択肢があります。

脱毛サロンによって、Vラインを希望の形のデザインにしてくれます。

ポピュラーなデザインは、トライアングル楕円などです。トライアングルは一番ナチュラルな形に近いですので、いかにも脱毛しましたという感じが少ないです。

トライアングル自体を小さくすれば、下着からのはみ出しも減ります。楕円はコンパクトでおしゃれな印象に仕上がります。トライアングルよりも下着を選ばないため好まれています。

どのようなデザインがいいのかいまいち決められない時には、段階的に脱毛をしていくと失敗がありませんね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ